年間10万円支援制度を使ってみた vol.03

はじめまして、しくみ製作所の坂口(sakaguchi)です。

今回は「年間10万円支援制度を使ってみた」シリーズ第3段として記事を書いてみました。

前回までのおふたりは、BBQとルームランナーでしたが、今回私はまた違ったものに年間10万円支援制度を使用しています。

何に使ったのか?

電動自転車を購入しました!

なぜ電動自転車を買ったのか?

私は妻と小さい子供2人の家族構成です。

自転車は、既に子供2人を乗せることができる電動ママチャリがありましたが、これ以外には持っていないため、家族みんなで自転車移動することはできないでいました。

今のところ、車もないので、近くの公園でばかり遊んでおり、子供たちもマンネリ化していたかもしれません。

自転車もう1台欲しいけど、どうしようかなぁと考えていた時に、ちょうどよいタイミングでこの制度が始まりました。

2台目を購入すれば、外出する機会も増えるし、運動不足の解消にもなるため、 リモートワーク支援の目的としてもぴったりだと思い、購入しました。

家の近くには心臓破りとも思われるような坂もあり、また坂そのものの数も多いので、普通の自転車は選択肢から外していました。

2台目なので、小回りの効く小さいもの、 そしてさっと乗って、さっと帰ってこれるのくらいのものを希望し、見つけたのがこちらです。

image

左が元から持っていた電動自転車で、右が支援制度で購入した電動自転車です。

買ってどうなったのか

とてもよかったです!

家から少し距離があるけど、子供が喜びそうな大きめの公園がいくつかあります。

ここにいけるようになりました。

家の周辺はマンションや一軒家だらけですが、このように少し離れると緑があり、遊ぶにはちょうどいい環境です。子供たちものびのび走り回っており、とてもよかったと思っています。

image

image

また、他にも次のメリットがありました。

  • お昼休みや仕事の後にたまに乗っており、気分転換や運動不足問題の解消に少しは役立っている(自分の満足度UP)
  • 買い物を頼まれても、歩いていくよりは面倒ではなく、さっと買い物をすませられる(妻の満足度UP?)
  • 適当に知らない道を走っていると、新しい公園だけでなく、色々と知らないお店などの発見がある
  • 子供2人を連れて電車に乗るのは中々大変で、このご時世そもそも電車にあまり乗りたくなく、数駅くらいなら余裕で自転車で移動できる

新しい自転車を迎えた生活は、これまでより満足度の高いものとなっています。 この制度は、ありがたいことに毎年使えるので、次は何にしようかと今からワクワクしながら考えています。

以上、次回の年間10万円支援制度使用時も、よいものを考えて紹介できたらなぁと思います。