リモートワークで使えるツール21選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
r-work-tool

場所を選ばすに働く事ができるリモートワークでは、仕事をする上で多様なツールを駆使しなければなりません。
しかし、世の中には多様なツールが出回っていて、どれが良いのかわからないですよね。

この記事ではそんな皆さまに、リモートワークで役立つツール21個を厳選してご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
2017年9月現在掲載情報は随時更新予定。

・グループウェア

G Suite(ジースイート)

G suite

Googleが提供しているインストール不要なクラウド型グループウェア。

場所に依存せずどこからでも仕事が可能。
表計算からプレゼン資料作成、コミュニケーションツールまで、これがあれば通常の業務でほぼ困る事は無い!
グループウェアのG Suiteではなく、個人Googleアカウントであれば永年無料で利用可能。


  • クラウド型 ✔︎
  • 有料プランのみ ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・コミュニケーション

 slack(スラック)

slack

世界規模で利用者が多いチャットツール。

日本語非対応ですが、スッキリしたデザインで利用者が増加中。
連携できるWebサービスが多いのも特徴。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語非対応 ✔︎
  • Androidアプリ ✔︎
  • iOSアプリ ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

ChatWork(チャットワーク)

ChatWork

ChatWorkは日本製のチャットツールです。

当然ですが、完全日本語対応なので安心感は抜群。
連携可能なサービスが少ない、アプリでの通話ができない等、今後に期待というところは有りますが、タスク管理等ついでにあると便利という機能が無料で使えるのが特徴。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎
  • Androidアプリ ✔︎
  • iOSアプリ ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

Googleハングアウト(グーグルハングアウト)

Googleハングアウト

名前と色で使いたくないみたいな方もいると思いますが、Googleが作っているチャットツール。
Googleアカウントがあればチャットと高品質な音声通話が可能。

YouTubeライブとの連携で、オンライン会議を録画でき、自社サービスとの連携が強力。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎
  • Androidアプリ ✔︎
  • iOSアプリ ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

Discord(ディスコード)

Discord

オンラインゲーム用の音声チャットツール。

低負荷で複数の音声チャットルームの作成が簡単に行え、どのルームに誰が入っているかが一目で確認可能なので業務管理がしやすい。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語非対応 ✔︎
  • Androidアプリ ✔︎
  • iOSアプリ ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・プロジェクト管理

backlog(バックログ)

安心の国産プロジェクト管理ツール。

プロジェクト管理ツールとしての基本機能は押させつつ、他にも、スターを使ったいいね機能や、300種類以上のキャラクターアイコンなど、日本人が好む機能やUIで操作がわかりやいのが特徴。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

Trello(トレロ)

Trelloは無料のプロジェクト管理ツールで、Googleアカウントがあればすぐに利用可能。
オフィスでタスク管理に、ペタペタとホワイトボードに付箋を貼る感覚で使えるのが特徴。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

Taskworld(タスクワールド)

Taskworld

Taskworldは、2014年に世界的富豪のフレッド・ムーワッド氏が立ち上げた事業で、強くTrelloを意識しています。

Googleアカウントがあればすぐに利用可能な点や、ユーザーがTrelloに追加して欲しいと思う事は、ほぼ追加されているのが特徴。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・情報共有と管理

 Stock(ストック)

stock

2017年秋のサービス公開に先立ち現在完全無料の先行テストを実施中のツールですが、SlackとDropboxの良いとこ取りという感じのツール。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎ 2017年秋のサービス公開に先立ち、Stockを先行利用頂けます(完全無料)
  • 日本語対応 ✔︎
  • Androidアプリ ✔︎
  • iOSアプリ ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・作業時間効率化

toggl(トグル)

togglは一つのタスクに対し、どれだけ時間がかかっているかを見える化してくれる、時間管理ツールです。

計測したデータを集計し、レポートとして閲覧する事が出来る。
シンプルなUIと、APIで外部サービスと連携可能事から人気が高い。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語非対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

Sneek(スニーク)

Sneekは一定の感覚でスクリーンショットを取ってくれるので、リモートワーカーのメンバー管理に最適。
さらにワンクリックでメンバー間の通話ができるので、コミュニケーションが取りやすいのが特徴。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語非対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


RescueTime(レスキュータイム)

RescueTimeは誘惑の多いリモートワークで、最近だらけていると感じている人には最適な自己管理ツールです。

閲覧サイトや、使用したアプリをカテゴリ分けしてくれたり、必要とあればサイトの閲覧をブロックすることも可能です。

最近集中出来ていないと感じている方におすすめです。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語非対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


・オンラインストレージ

Google Drive
(グーグルドライブ)

Google Driveは、無料で利用可能な15GBのオンラインストレージです。

Googleのデーターセンターで24時間体制で保護されているので、セキュリティー面でも安心。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・ビデオチャット

appear.in(アピアイン)

appear.inは登録やログイン不要で、端末を選ばず簡単に多人数の同時ビデオチャットができるサービスです。
また、プラグインを追加することでディスプレイ共有も可能。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語非対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・ホワイトボード

MindMeister(マインドマイスター)

無料で使えるマインドマップツール。
Googleアカウントを持って入れば誰でも簡単にサービスを利用できます。

直感的に使えるUIと、一つのアカウントを複数の端末で使い回せるのが特徴。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

 ・ドキュメントエディター

Googleドキュメント(グーグルドキュメント)

Googleドキュメントは、完全クラウド型のドキュメントサービスです。
作成した文章が直ぐに保存されるので、テキストを保存し忘れたり間違って消してしまったなんてことは無くなります。

音声入力も可能で、作成したドキュメントをpdfなどでダウンロードする事ができるのも魅力。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

Workflowy(ワークフロウィ)

Workflowyは、テキストを階層化して作成可能なドキュメントエディターです。
クラウドサービスですので、保存忘れなどでデータが消失する心配もありません。

通常のエディターと違って、階層の折りたたみが秀逸で、ライティングが仕事の人には、とても使いやすくノートパソコンで仕事をしている方には是非使って欲しいツールです。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・契約書類

CLUDSIGN(クラウドサイン)

CLUDSIGNは、契約書をクラウドで管理できるサービスで、電子署名が可能な事が最大の特徴。
全てクラウド上で完結できるので、遠方の方とやりとりをする際の郵送代や、配送による時間のロスを削減可能。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・経理

free(フリー)

freeはクラウド会計ツールの草分け的存在として有名。
経理の知識がなくて、会計関連の業務が可能となるのが最大の特徴。


  • クラウド型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・セキュリティー

IIJ SmartKey(アイアイジェィスマートキー)

IIJ SmartKeyは、二段階認証用のワンタイムパスワードを発行するためのスマホ用アプリです。

Googleやslackなどのに使う事ができるツールで、IIJ SmartKeyをインストールしている端末を変更する際にもエクスポートで簡単に設定を引き継げるなど、わかりやすいUIで使い勝手が良いのが特徴。


  • インストール型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>


 

・インターネット接続

Express VPN(エクスプレスブイピーエヌ)

ExpressVPNは、94カ国124都市で使えるVPN接続サービスと、協力な暗号方式を採用したセキュリティーと、高速なVPN回線から人気が高いVPN接続サービスです。

また、30日間という長期間の返金保証をしていることも特徴の一つです。


  • インストール型 ✔︎
  • 無料プラン ✔︎
  • 日本語非対応 ✔︎

サービス詳細へはこちらから>>

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたでしょうか、この記事を読まれた方には、既にご存知のツールもあったかもしれませんが、お悩みを解決出来ていましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しくみ製作所の採用に関する情報はこちらから

・しくみ製作所とは

2014年8月設立
ベンチャー企業でCTOを務めていた社長の車を筆頭に、様々なバックグラウンドを持つメンバーで構成されている。
オフィスを持たず、メンバー全員リモートワークで業務に取り組んでいます。
しくみ製作所の採用情報はこちらから>>


・考え方

プロジェクトをよりスピーディーに、効率よく動かすため、「小規模かつ自走的な組織の集合体」チーム主導型の組織運営。

メンバーひとりひとりが意思決定権を持っており、責任感と主体性を持って業務に取り組んでいます。
しくみ製作所の採用情報はこちらから>>


・働き方

メンバーの業務の質をより向上させるため、合理的な働き方として完全リモートワークを採用しました。
メンバーは自宅をオフィスとして勤務しており、世界を旅しながら勤務しているメンバーもいます。

勤務時間の統一や全員参加のデイリースクラムを実施しており、オフィスはありませんが、「会社」としての機能を保ちながら働いています。
しくみ製作所の採用情報はこちらから>>



WANTEDLYで採用情報を確認する

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)